少しだけこだわってみる普段乗りの自転車選び

自転車はいろいろ売られているけれど

一瞬の差を競うレースに出ようとか、デコボコの山道を駆け抜けようというわけではなく、仕事の行き帰りで駅までの往復や、近所への買い物や散策にぴったりなシティサイクルが欲しくていろいろと探してみたのですが、選択肢が多すぎると結局なかなか決まらないという決定回避の法則そのままのに私好みな1台が見つかりません。

そこで私なりの譲れないポイントであるメンテナンスを怠らなければ長く乗れる品質を重視した自転車選びをすることにしました。

激安品にはワケがある

最初は新聞の折り込みチラシに載っていた激安品が気になっていたのですが、安さのワケを調べてみると少々高くても確かな技術を持つスタッフのいるショップで買おうと決めたのでした、各部がしっかりとした作りだとどうしても価格は高くなるけれど何年も乗れる品質というのはとても大事だと思うのです。

とはいえ素人である私がこだわったのはステンレスリムであること、ローラーブレーキであること、そしてハブダイナモを採用していることでした。

ステンレスリムはアルミに比べると錆びにくく丈夫で、ローラーブレーキは恥ずかしいキーキー音が鳴りにくく、夜道に必須なライトも前輪の車軸で発電するハブダイナモならばペダルが重くならず快適です、逆に言うと激安品はそういったパーツは採用されていないということになります。

もう少し予算に余裕があればチェーンではなく伸びたり切れたりしないベルトを使ったタイプや、もっと余裕があれば電動アシスト自転車だってあります、壊れる度に安い自転車を買い替えるのも良いですが、丈夫な自転車を長く乗るほうが愛着が湧いて素敵だしエコですよね。

名古屋の自転車のショップを利用することで、ビジネスやプライベートまで様々な場面に役立つ商品を選ぶことが可能です。