スピリチュアルな屋久島の魅力に迫ってみよう

屋久島ってどんな島?

屋久島は、鹿児島県からおよそ60km南南西に存在する島で、縄文杉のある場所として知られています。島のほとんどが山地であり、「1か月に35日雨が降る」とも言われるほど雨が多い地域としても有名です。その気候のせいで、屋久島は非常に独特な植物相を形成してきました。例えば屋久島に多く見られる屋久杉は、一般の杉と比べても寿命が格段に長く、1000年を超えるものも珍しくありません。屋久島の気候が、そのような杉を沢山育ててきたと考えられています。屋久杉の中でも最大級の縄文杉は、何と樹齢3000年とも推定されており、屋久島の神秘の1つを感じさせてくれる場所でもあります。そこにたどり着くまでの道のりは決して簡単ではありません。しかし、ずっしりと地に根を構えてそびえ立ち、枝の隅々にまで青々と茂った葉を見ると、言葉にできない屋久島の魂みたいなものを感じられるはずです。何千年もじっと同じ場所に立っていたと思うと、尊敬の念を抱かずにはいられません。

縄文杉だけではない?もっと知りたい屋久島

屋久島の魅力は縄文杉だけではありません。その独特の自然がはぐくんできた自然の恵みは、他にも沢山あります。「千と千尋の神隠し」のモデルとなった場所として知られる白谷雲水峡も、屋久島独特の自然が楽しめる場所で、親子連れでも楽しむことが出来ます。苔の生い茂った原生林の森は、どこにもない不思議な場所で、まるでおとぎ話の中にいるような不思議な気分にさせられます。また、美しい海も非常に魅力的で、様々な生物を観察することが出来ます。そんな自然の魅力がたっぷり詰まった屋久島、何度でも訪れたくなる場所の1つです。

屋久島ツアーの楽しみは観光の後の海岸にある露天風呂温泉です。殆ど海の中にある温泉と言っても過言でなく、大海原を見ながらの温泉タイムは至福のひと時です。