初心者必見!オーボエのメンテナンスの方法

基本的なオーボエのお手入れ

オーボエは、天然の木で管体が作られています。そのため、急激な温度や湿度の変化にとてもデリケートな楽器です。温度や湿度に気をつけて丁寧にメンテナンスを行わなければ、ひび割れや傷みの原因となってしまうので注意してください。オーボエを長く大切に愛用していくためには、定期的なメンテナンスをしっかり行うことが欠かせません。誰でも簡単にできるお手入れ法となっているのでチェックしてみましょう。管体内面の掃除や表面の手入れ、キイの手入れ、タンポの水分を取り除くなどのお手入れをしっかり行うことをおすすめします。管体の内面に水分が残ってしまうとひび割れの原因になってしまいます。そのため、演奏後は必ず水分をふき取ることが大切です。

月に1度は徹底的にメンテナンスする

オーボエを長く使い続けるためには、月に一度丁寧にメンテナンスを行うことをおすすめします。最も心がけたいのは、キイオイルを注入することです。キイとキイポストの間にキイオイルを少量さしていきます。たったこれだけのメンテナンスを月に一回行うだけでもオーボエを長く愛用できるようになります。また、冬は他の季節と比べてみてもオーボエがひび割れしやすい時期です。そのため、楽器全体が室温に慣れるのを待ってから演奏することが大切になります。ちょっとしたメンテナンスを心がけることで、オーボエの音の響きもグッと良くなりますよ。手軽に簡単できるメンテナンス法を試してオーボエを大切に愛用していきましょう。

オーボエはオペラ、バレエなどで良く使用されます。多くの交響曲において、その音色を聞くことが出来ます。