トランペットは優しく語りかけるような魅力的な音色

用途によってさまざまな種類が存在するトランペット

「トランペット」の歴史は古く、古代エジプト時代からあったと言われています。「トランペット」はいくつか種類があり、B♭トランペットは最もポピュラーなものでジャズやポップスなど幅広い分野で使用されており、豊かなバランスのある音色が特徴的です。CトランペットはB♭のものよりも音色が華やかで、オーケストラなどで主に使用されています。ロータリーはドイツ系の曲などを演奏する時によく使われ、ふくよかで柔らかい音色です。ピッコロは最も短い長さでB♭の約半分の長さで、バロック調を演奏するには欠かせないもので音色が明るく輝きがあります。その他にもさまざまな種類が存在し、その用途によって使われ方が区分されています。

まず音を出す練習を始めましょう

「トランペット」を始めて吹くなら、まずはマウスピースだけで音を出す練習をしましょう。唇にマウスピースを軽くあて、長めに息を吹いてみます。「ブー」というような音が出たら成功なので何度も練習してみましょう。慣れてきたら音程を変えてみて、唇の両端を斜めに引くと高い音が出て、反対に唇の端を元に戻すと低い音が出ます。マウスピースで音が出てきたら楽器に付けて息を吹いてみましょう。長めに真っ直ぐに音が出るようにイメージして吹きます。音が出だしたら教本を見ながら練習したり、音楽教室に行くと上達するのが速いでしょう。演奏方法を収録したDVDなども発売されているのでいろいろと利用できます。「トランペット」は人気のある楽器で、力強い伸びやかな響きが魅力です。

トランペットは金管楽器の1つで、僅か3つのピストンとマウスピースから出す息の加減で全ての音階を奏でます。演奏会やファンファーレなどでは必須の楽器です。